国産ドッグフード「いぬひかり」は安全か!?リアルな口コミをシェアします。

いぬひかりの口コミレビュー

ひょんなきっけかで知った「いぬひかり」。
自然派ドッグフードとしてリリースされた「いぬひかり」ですが、何だかお米のようなネーミングと、そのパッケージデザインに目を引かれました。

概要を見る限り、私の選定基準を満たしている安全なドッグフードですが、「実際にどうか?」をチェックし、私自身リアルに口コミしていきたいと思います。

国産ドッグフード「いぬひかり」を販売している会社をチェック

いぬひかりの販売会社

初めて「いぬひかり」知った時に気になったのが販売会社です。
ざっと調べた限り、自社製造ではないようです。

まずは、ペット事業への実績があるかなども含めて販売会社を調査してみました。

ドッグフード「いぬひかり」は株式会社エレメントという会社さんが販売しています。この会社は主にインターネット通販を軸に事業展開されており、その柱の一つにペット事業があります。

内容的には、ペット保険やペット用品の販売が主のようですが、商品だけどこかから仕入れて売るだけというわけではなさそうなので、この点は安心しました。素材や製造工場の中などを公開している点も安心できる要素です。

ちなみに、製造元の「株式会社こだわりもん工房」さんは、ベストアメニティ社のグループ会社です。健康志向の方ならご存知でしょうが、日本の雑穀はほとんどがベストアメニティ社製なんですよ。

ひとまず販売会社に問題は感じません。

国産ドッグフード「いぬひかり」の安全チェック | 原材料編

いぬひかり成分
原材料名
鶏肉、大麦、玄米、かつお粉、黒米、菜種油、大根葉、ごぼう、にんじん、ハト麦、あわ、きび、玄ソバ、キャベツ、大豆、とうもろこし、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、牛骨カルシウム、発酵調味液、卵殻カルシウム

 

私がいつもお伝えしている安全なドッグフードの条件を満たしています。

私が口コミするドッグフードは必ずこの条件を満たしています。これは絶対条件です。

「いぬひかり」の原材料はどれも、読んだ時にそれが何であるかすぐに想像できますよね。読んでも想像がつかないようなものは一つも含まれていませんね。
今となっては、ドッグフードの原材料を見れば、大体どんな味のドッグフードか想像もつくようになりました。

また、「いぬひかり」は良い意味で「二番煎じ」のメリットを生かしています。
良質な国産ドッグフードをよく研究し、先駆けのドッグフードと差別化出来ています。

この価格感でグルテンフリーまで網羅した商品開発力は正直すごいと思います。

国産ドッグフード「いぬひかり」の安全チェック | 成分編

粗タンパク質 21.1%以上
粗脂肪 10.5%以上
粗繊維 0.7%以下
粗灰分 4.1%以下
水分 10.0%以下
代謝エネルギー 393kcal/100g

「いぬひかり」は成分的にも申し分ない内容ですね。

高タンパクにして低脂質。年齢ステージを問わず全てのワンちゃんに適した内容と言えるでしょう。

もちろんノンオイルコーティングなので、香りも素材本来のものであり、嫌な匂いなど微塵もありません。素晴らしいドッグフードです。こうした安全なドッグフードが一つでも多く流通する事を心から願っています。

何も知らない飼い主さんは、愛犬の喜ぶ顔を想像してドッグフードを買って帰ります。ドッグフードの袋を開けて、その匂いから「これが美味しいのかな?」とどこかでは思いつつも、これまでのドッグフードはどれもそんなようなものだった。であるならば疑う余地がありませんよね。この循環を断ちたいというのが私の夢であり、本サイトで情報を発信するモチベーションです。

国産ドッグフード「いぬひかり」飼い主の私が試食して口コミ

いぬひかり試食

本サイトおきまりのコーナーですが、早速試食してみました。
原材料からある程度想像はしていましたが、やはり良質です。

味の口コミなので、もう少し細かに表現させていただきますね。

まず袋を開けるとカツオ節のような香りが広がり、食欲をそそられます。
ただ、味は意外と淡白です。
グルテンフリーのドッグフードですから、小麦がない分味も淡白になっているのだと思います。
通常小麦を使った穀物系のドッグフードは、口に入れてから後半で味が広がってきます。
ただ、「いぬひかり」に関しては、前半の方に味が集中している印象です。

まあ、そもそも犬はそんなに咀嚼(そしゃく)する生き物ではないですからね。
カリカリと少し噛んでそのまま飲み込んで胃の中で消化するので、犬にとってはさほど重要ではないのかもしれませんね。

ドッグフード「いぬひかり」は安全なドッグフードと自信を持って公言できます。

国産ドッグフード「いぬひかり」愛犬の試食を見ての口コミ

 

ドッグフードの食べ比べ愛犬の食いつきなどを見て、私の所感を口コミさせていただきます。

今回は新しいドッグフードという事もありますので、我が家のポメちゃんに試してもらおうと思います。

ポメちゃんが食べている「いつものドッグフード」ではなく、我が家のチワワ君が食べている「マザープラス」と「いぬひかり」を同じ器で二つ並べてみました。

さて、ポメちゃんはどっちから食べたのか?

ドッグフードの食べ比べ2

結果は「マザープラス」から食べました(笑)

ただ、食べ終わったあと、すぐに隣にあった「いぬひかり」を食べ始めました。

それに「マザープラス」を食べ始める際にもクンクン嗅ぐ様子もなく見つけるなりガツガツ食べ始めました。

 

まあ、どちらも良質なものですから、これはあまり意味のない実験だったと思います。
ただ、どちらも良質なドッグフードだけに、個人的にちょっと興味があったんです。

偏食傾向なワンちゃんであれば、そこらで市販されているドッグフードや、海外産のオイルコーティングのドッグフードを並べると、ほとんどのケースが良質なドッグフードしか食べなくなります。

そりゃあそうですよね。私たちでも嗅いでいたくない匂いがして、食べられもしないフードですからね。良い香りがして人の味覚でも美味しいと感じられるドッグフードとでは、当然の結果です。

ドッグフードを食べてくれなくなったワンちゃんが、ものすごい勢いでフードを食べる姿を見たときは感動すると思いますよ。

国産ドッグフード「いぬひかり」口コミまとめ

「いぬひかり」がおすすめなポイント。

・コストパフォーマンスがかなり高いです。
・素材にこだわり抜いているのがすごい。
・後発組なので、先駆けの製品と差別化されている。(グルテンフリー)

国産ドッグフードへ切り替えされるなら、コスパの高い「いぬひかり」はかなりおすすめです。

今回のレビューで確信しましたが、「いぬひかり」は安全なドッグフードですので、安心してお試し下さい。

 

 

一頭でも多くの犬の食事品質が改善されますように。

それでは最後までお読み下さりありがとうございます。

 

安全なドッグフードの選定基準は以下の記事を参考にして下さい。

【いますぐ国産に変えなさい!】愛犬家も全員納得の「本当に安全なドッグフード」おすすめ情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です