チワワ向けのドッグフードについて真剣に考えてみました

チワワ向けドッグフード

今回は我が家のファミリーでもあるチワワに最適なドッグフードという観点で本記事を書くことにしました。

 

うちのチワワはシニア犬という事もあって色んな経験をしてきました。

その経験を元にネットの情報を見ていると、ちょっと酷いなと思ったわけです。

 

例えば、「チワワ向け」という謳い文句で販売されている、いわゆる犬種別ドッグフードがありますが、私から言わせればあんなのただの販売戦略でしかありません。

そもそも、そのドッグフードはあなたが食べて美味しいですか?という問いでほとんど脱落して行くでしょうから。

 

また、チワワは消化器系統が弱いから消化の良いものが良いと安易に外国産のグレインフリーを紹介したりしていますが、結局のところ本サイトで伝えている基準をクリアする安全なドッグフードなら、大抵の症状は解消します。

 

上記のような表面上の情報ではなく、私の経験からチワワに最適なドッグフードについて考えていました。

チワワ飼いの方、ぜひ参考にして見てください。

 

 

私の経験からチワワに最適なドッグフードはこれです。

ウンチクはいいから、結局チワワに最適なドッグフードは何なのか?

そんな方に向けて先に結論を記載しておきます。

ただ、経験しないと分からない情報を記載していますので、是非全て読んで納得してから結論を読んでいただける幸いです。

 

チワワにおすすめなドッグフードは「馬肉自然づくり」

チワワには馬肉自然づくりがおすすめ

「高タンパク」且つ「低脂質」なドッグフードが理想なチワワ。

これを実現する素材が「馬肉」なんです。

 

 

 

世界中の動物園が肉食動物のエサに馬肉を使用しているってご存知ですか。

 

宗教的に馬肉を食べる習慣のない国ですら、動物園では馬肉を選定しているようです。

日本の動物園も然り。以前はクジラの肉をあげていたようですが、クジラが捕れなくなりし試行錯誤した結果、馬肉に辿りついたんだそうです。

 

脂肪が少なく、栄養価が高い。

確かにこの点がベースになっていますが、もう一点大きな特徴があります。

 

それは「安全性が高い」という点です。

三大経済動物と言われている「牛、豚、鶏」ですが、その飼育状態が社会問題と化していますよね。

 

狭いスペースに閉じ込められて、化学肥料を与えられている家畜も存在するようですから。

ただし、馬の飼育環境ではそうはいきません。

私も知らなかったのですが、馬は放牧させてあげないと病気になってしまうようです。

こうした点からも、馬肉は素材の安全性が安定的に担保されている事が多いと言えますね。

 

正直本サイトでお伝えしている安全なドッグフードの選定基準をクリアしていればどのドッグフードでも今よりはずっと良くなると自信を持ってお伝えできますが、そんな中でもなぜ「馬肉自然づくり」がチワワにおすすめだと思うのかを解説していきたいと思います。

 

「高タンパク」且つ「低脂質」で考えれば馬肉がダントツなのですが、やはりチキンと比べると味の面で劣ります。

それでも「ヒューマングレードを謳っておいて人が食べられない粗悪なフード」よりはずっと美味しいですよ。

 

馬肉自然づくりのレビュー記事は以下からご参照下さい。

「馬肉自然づくり」の実食評価!私のリアルな口コミレビュー

 

ちなみに、うちのチワワ君はかなりの偏食傾向。

私の試食した限りダントツ1位で美味しかった「マザープラス」を食べています。マザープラスはシニア犬用もあるので、脂質をコントロールしやすいですから、万が一馬肉のドッグフードを食べてくれなかったら試して見て下さい。

以下レビュー記事を参考にしてみて下さい。

犬猫自然本舗「マザープラス」の実食評価!私のリアルな口コミレビュー

 

チワワの特徴を理解すれば最適なドッグフードが見えてくる?

チワワの特徴

最初にお話ししておきますが、犬も性格を含め個性があるから、犬種のくくりでは結論付ける事はできないと思います。

ただ、そういってしまうと話が始まりませんので、まずはチワワの特徴を理解するところからスタートしたいと思います」。

 

チワワは世界最小の超小型犬

チワワは世界最小の超小型犬

室内犬で常に人気の高いチワワ。

その体型は世界最小の超小型犬と位置付けられています。

目がクリクリしていて何とも愛らしいルックスが魅力です。

 

そんなチワワですが、超小型犬というだけあって、やはり骨格は極めて華奢です。

また、それほど運動量を必要としない為、室内で遊んでいるレベルで十分に必要な運動量を満たしてしまうと言われています。

 

ただ、その分代謝も低く、肥満になりやすい特徴を持っています。

我が家のチワワ君も一時期体重が増加し、足腰に負担がかかっていた事がありました。

 

小さな身体に、低い運動量。

それでいて肥満に気をつけながら筋肉量を維持しなければなりません。

そうなると自ずと「高タンパク」且つ「低脂質」なドッグフードが理想となります。

 

ロングコートチワワの毛はしっとりヘア

チワワの脂質管理のご注意を

これは私の経験則なのですが、チワワの毛はしっとりとしています。

ですから、オイルコーティングのドッグフードを食べるとその特徴が際立ち、毛艶が良くなったと勘違いする方もいらっしゃいますが、皮脂の過剰分泌ですので、脂質の高いフードは向いていません。

体臭くきつくなりますからね。

 

また、添加物が沢山入ったドッグフードを食べていると毛が白くなってきます。

愛犬の年齢によっては老化と勘違いされやすいので注意して観察してあげましょう。

 

チワワは以外に偏食な子が多い!?嗜好性も重要

チワワは偏食な子が多い

いつも元気いっぱいでフルパワーなイメージのチワワですが、意外に食が細かったり、フードを食べてくれない子が多いようです。

最初はうちのチワワ君だけが特別なんだと思っていました。うちのチワワ君がまさに該当するので、とても納得なのです。

ですから嗜好性の高い(美味しい)ドッグフードを選んであげるのが良いと私は考えます。

 

とはいえ、「◯◯エキス」、「〇〇パウダー」なんてまやかしの嗜好性では意味がありません。

結局粗悪なフードを何かでごまかして食べさせているだけですからね。

 

本当に安全で味も良いドッグフード。

まあ、安全なドッグフードで美味しくないドッグフードなんて中々出会えませんけどね。

そういったドッグフードを選んであげる事が重要です。

 

消化を考えて細かくすり潰された玄米入りの穀物フード。

玄米は完全食と言われるほど、それ単一でほとんどの栄養が賄えるありがたい食材です。ですから、私はグレインフリーには興味がないわけですね。

安全なドッグフードの選ぶ方は以下の記事を参考にして見て下さい。

【いますぐ国産に変えなさい!】愛犬家も全員納得の「本当に安全なドッグフード」おすすめ情報

 

 

チワワに最適なドッグフード まとめ

チワワにおすすめのドッグフードまとめ

それではチワワに最適なドッグフードについてのまとめです。

  • 多くの運動量を必要としない上に超小型なので高タンパク質且つ低脂質が理想
  • 脂質の高いフードは毛も脂っこくなり、体臭がきつくなるので避けましょう
  • 偏食な子が多いので、指向性の高いものがおすすめ
  • 馬肉と玄米のブレンドで全てはクリア

今回様々な観点でチワワに最適なドッグフードについて考えて見ましたが、愛犬の健康に最も重要なのは、やはり口から摂取する食事です。

 

ただ、それと同じくらい大切なのが「体重管理」です。

ほとんどの不健康は体重管理が出来ていない事に起因しています。

適正体重を維持すると「良い事しか起こりません」。

内臓が元気になると同時に足腰への負担も減ってきます。

 

本記事が「愛犬に最適なドッグフードについて考える良いきっかけ」になれば嬉しいです。

最後までお読み下さりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です