【常識を疑え!】本当に安全なドッグフードの選び方はこの5点で完璧です。

本当に安全なドッグフードの選び方5箇条

愛犬家の皆さんであれば、一度はドッグフード選びで悩まれた事があるはずです。

  • 今与えているドッグフードは本当に愛犬に最適なものなのか?
  • ドッグフードの種類が多すぎて、どれが安全なのか分からない。
  • 最近愛犬の食欲ないけど今のドッグフードは合っていないのかな?
  • 愛犬が歳を取ってきたからドッグフードを見直そうかな?

ドッグフードを見直すきっかけは様々かと思います。

実際に私も愛犬の加齢に伴う体調不良から、ドッグフードの見直しが始まりました。

 

当然ですが、愛犬は自分で食べるものを自分で選べません。
だからこそ、飼い主である我々が正しい知識を持って、適切なドッグフードを選んであげる必要があります。

ですが、昨今あまりに多くの情報が飛び交っています。実際にネットで「ドッグフード おすすめ」等と検索してみても、種類も驚く程に数多くのものが販売されていますね。私が見る限り、ネットに出ているおすすめ情報も、信頼性の薄いものが多いです。

ですから、本当に安心安全なドッグフードを見極めるのは困難だと思います。

最も厄介なのは、その誤った情報によって被害を受けるのは他でもない愛犬だという事です。ほとんどの飼い主さんは愛犬にとって良かれと思ってドッグフードを選んでいるはずですから。

心底心が痛みます。
だからこそ、私は一貫性と信念を持って本サイトで情報を発信して行きます。

そして、安全なドッグフードの選び方をシェアさせていただきます。

大丈夫です、めちゃくちゃ簡単ですから。

 

本当に安全なドッグフードの選び方 | この5点で見極めよう!

本当に安全なドッグフードの見極め方

私は自信を持って言い切れます。

以下の5点をクリアしている事。

これが安全なドッグフードを見極める絶対的な条件です。

  1. そのドッグフードをあなた自身が食べられる事
  2. そのドッグフードを嗅いで美味しそうな匂いがする事
  3. そのドッグフードを触っていて手がベタベタしない事
  4. そのドッグフードの原材料欄に読んで何かわからないものが載っていない事
  5. そのドッグフードが国産(日本産)である事

いかがですか?

専門的な知識など一切必要ありません。この選び方を徹底してもらえれば、絶対にハズレは引く事はありません。また、この条件をクリアしないものは、誰がどれだけおすすめしていても、それは間違いと言い切れます。

中には、そんなドッグフードがどこにあるのか?そう思われる方もいらっしゃると思います。

 

私も昔はドッグフードといえば、臭い。無臭に近いものがあっても、雑味が酷くとても食べられたものではない。犬はこれが美味しいのだろうか?と思っていましたから。しかし、本物のドッグフードは私たち人間の嗅覚、味覚でもまともな味なんです。

 

論より証拠です。

あなたが実際にそれを経験すれば、二度と粗悪なドッグフードに戻れないでしょうからね。また、愛犬がその答えをさらに確信させてくれます。

毛並みから健康状態まで一新しますから。体の小さい犬たちの変化はとても早いです。小型犬であれば一月もあれば変化が出てきますよ。

 

それでもオイルコーティングされた臭いのキツい外国産ドッグフードが至高というなら、実際にそのドッグフードと本サイトでおすすめしているドッグフードと並べて愛犬に与えてみて下さい。真実の結果を見る事が出来ます。

 

安全なドッグフード選びを邪魔する3つの誤解を修正しよう!

安全なドッグフード選びを邪魔する3つの誤解

ドッグフードの選び方については、先にお伝えした5箇条で十分見極め可能なのですが、最も難しいのは、誤った情報が既に常識化されている為、今更疑おうとする人は少ないわけです。

つまり、これまでの間違った常識を修正する必要があると私は考えています。

愛犬が弱ってからでは遅いんです。身体の小さい愛犬たちへの影響度合いはとても大きいものです。

この不条理な現実を私は実体験を持って痛感する事になりました。

 

これは私たち人間の食事情でも同じ事が言えますが、添加物だらけの加工食にあふれています。

人間ですら、健康の知識をシェアしてあげると逆に「あの人はおかしい」、「宗教みたい」なんて平気で言われますからね。

私はいつも疑問に思います。

自分の子供にも同じ事を言うのかなと。

きっと違うはずです。

誰しも我が子には良質なものを食べさせてあげたいと思うはずです。

 

私たち愛犬かにとって犬は立派な家族です。

ぜひあなた自身が食べて納得できる、そんな本物のドッグフードを与えてあげて下さい。

 

私が心の底からおすすめする安全な国産のドッグフードは以前以下の記事にまとめていますので、参考にして見て下さい。

【いますぐ国産に変えなさい!】愛犬家も全員納得の「本当に安全なドッグフード」おすすめ情報

 

 

誤解その1 | ドッグフードの質が上がったから犬たちが長生きになったわけではない

ドッグフードの勘違い1

一昔前と比較し、犬の寿命が延びているのは事実です。

そして、犬の寿命はドッグフードの加工技術が進化して良質になったからだと誤解している方が結構いらっしゃいます。

「今のドッグフードは安全で栄養もタップリ!」

そう思っても仕方ありません。
それほどに現代の食品業界における製造技術は進歩していると思います。
また、ペットショップの店員さんや獣医さんですら、好ましくない添加物が入ったドッグフードを推奨されているケースは少なくありません。

ましてや「総合栄養食」なんて売り方されたら、そう勘違いしても仕方ありませんよね。

 

しかし、犬の寿命が延びたのは、ドッグフードの進化ではなく、予防ワクチンのおかげだと私は考えています。
ただ、同時期にドッグフードも普及した為、ドッグフードのおかげで「犬が長生きになった」という解釈が広まったのだと思います。
いつもお世話になっている獣医さんが仰っていました。
「最近は犬のかかる病気が人間化してきているんです。」

一昔前は、犬の命を奪う病気といえばフィラリアなど、蚊を介して犬に感染し発症に至るケースが多かったようですが、これに対するワクチンが普及した事で犬の寿命は延びたと言われています。

それが今では犬まで生活習慣病になるわけですからね。

正に愛犬たちは今、私たち人間と同じ課題にぶつかっているんです。

 

私も愛犬が体調を崩し、色々調べていた時、とある著書に書いてあった「自分が食べられないものを、どうして愛犬に与えられるのか?」という言葉にハッとさせられました。

つまり、私の中で「現代のドッグフード」=「安全」という公式が崩れたわけです。

我々飼い主はこれらの事実を冷静に受け止め、考える必要があると私は思っています。

何故ならば、この思い込みこそが最大の落とし穴なんです。
好き好んで愛犬に害のあるドッグフードを与えたいなんて考える飼い主はいないですからね。

メーカーの販売戦力により、この間違った常識が定着した為、ドッグフードが臭かろうが不味かろうが、今更疑おうとはしないわけですね。

「だって人間の食べ物ではないんから」となるわけです。

皆さんは本記事に記載した5箇条で見極めていただければ二度と自分で食べられもしないドッグフードを愛犬に与える事はないでしょう。

 

誤解その2 | 手作りフードの落とし穴を理解しよう

ドッグフードは栄養バランスが簡単

確かに、私も愛犬にとって手作りフードが最良だと思います。

ただ、手作りフードには注意が必要です。

それは飼い主側が栄養学を理解し、犬の必要栄養素を担保した献立にしないといけないという事です。

特に高カロリーな割にタンパク質不足なんて状況は容易に想像できます。

これは人それぞれのライフスタイルが密接に関係している内容です。
忙しい現代人にとって、ドッグフードは欠かせないでしょう。

本来ドッグフードは「愛犬の健康」をテーマに誕生したわけではなく、「飼い主の利便性」をテーマに誕生したわけです。

要するにメリットとデメリットを理解した上で選択する事が重要なんです。

ドッグフードのメリットは言うまでもなく、「簡単、手軽」という点でしょう。
そして、ある程度保存がきいて、犬の必要栄養素が守られます。

ドッグフードを奨める獣医さんが多い理由はここにあります。
手作りフードは理想ではあるものの、必要な栄養素をバランスよく保つ事が難しいからです。

私は幼少の頃より犬と生活を共にしていました。
しかし、昔は残飯を与えていました。
つまり、我々の食べたものと同じもの。

残り物です。
それはがっつきも良かったです。

ただ、犬は塩分を汗で排泄する事が出来ませんから、必要塩分量を超えてしまうわけです。
ですから、毎日手作りとなると「我々とは別メニュー」となるわけです。

何より、日々ワンコの栄養バランスを補うだけの素材を用いた料理を提供出来るでしょうか?そんな計算されたメニューを日々欠かさず作るとなると大変です。

日中ワンコがお留守番しているようなライフスタイルでは、ドッグフードを0にする事は出来ないでしょう。

 

次にデメリットについて考えてみましょう。

近所で市販されているドッグフードで説明するなら、やはり「添加物」を避けて通れない事が最大のデメリットと言う説明になります。

「保存がきく」=「腐らない」=「酸化防止剤が入っている」となります。
もちろん、酸化防止に何を使用しているかは大きな差ですが、ドッグフードの場合これは避けて通れない、といったところでしょうか。

実際に私もそう思ってきましたから。

ただ、私がお伝えした5箇条をクリアした安全なドッグフードなら話は別です。

愛犬も食事が楽しみになりますし、健康にも良いです。

そうなるとデメリットがなくなります。

あえて手作りフードと比較するならば、愛犬の食べる楽しみが低下するといった事でしょうか。

いずれにしても、その様な良質なドッグフードであれば、原材料からもそれなりの価格になるはずですよね。少なくとも1kg1000円を切るようなドッグフードではない事は容易に見当がつきます。

 

誤解その3 | ドッグフードは外国産の方が良質だと言う思い込み

誰のためのドッグフードなのか

これは先にも述べたネットの誤った情報によるところの影響が大きいのだと思います。

よくネットに溢れている情報で原産国にフォーカスした内容を目にします。
日本のドッグフードより、外国のドッグフードの方が優良であると。
だからこそプレミアムドッグフードはほとんど外国産であると。

これは半分正解で半分は間違いです。
少し背景をお話させていただきます。

 

結論からお伝えすると、法律の整備という点では日本は遅れています。

ただ、ドッグフードの質とイコールではないので、ここをごちゃ混ぜに話してはいけないという事です。

 

何故なら、その法律自体がそもそも頼りないものなのですから。

であるならば、わざわざ海を越えて入手する必要はありません。

 

船で運ばれる最中、ドッグフードを積んだコンテナは50度にもなるそうです。

肉の塊に油を吹き付けたものが、そうした環境下で腐らない為には防腐剤を添加しないかければいけませんね。

ただ、表示義務がないとなると、その法律はドッグフードの安全性を担保していると言えますでしょうか。

海を越えずとも国内でつくったものを国内で入手する方が理にかなっていると思いませんか。

 

では、その法律とはどんなものなのでしょうか。
2008/6に公布された「ペットフード安全法」です。

このペットフード安全法が出来た背景には、2007/3に米国に手有害物質のメラニンが購入したペットフードが原因となり、多数の犬や猫が死亡するという出来事がありました。それが2007/6には、日本にも同じものが輸入販売されている事が判明し、国が法整備に動き出したというわけです。
そうして整備されて2008/6に誕生したのが「ペットフード安全法」です。

つまり、先に問題が起こり、再発防止の為早くから動き出した外国は、動物愛護の観点では先進国であるという説です。
確かに一理あります。ただし、鵜呑みにするのはいけません。

繰り返しになりますが、この法律は完全ではないからです。

 

具体歴を例を一つ挙げましょう。
まずは以下をご覧ください。

  • 5%未満の原材料には表示義務がない。
  • 「原産国」の定義は、「最後に加工した国」である。

いかがでしょうか。
こうすると利益優先の大手企業はどのような施策に出るのでしょうか。

コストダウンの為に、かさ増しする各材料を「5%未満に抑える」とした場合、表示義務は発生しません。他国の原材料を用いて日本でパックに詰めれば「日本製」と表示出来るわけです。つまり、「国産」というだけで無条件に安心してはいけないという事です。私自身がそうでしたが、誰もが知る日本の食品メーカーが「国産」で出しているのだから安全だ!そう考えて疑わなかったです。

これも仕方のない事象だと考えています。
何故なら、現在のドッグフード業界は専門メーカーではなく、大手食品企業が多数参入しているからです。

だって我々人間が頻繁に購入している食品メーカーの販売しているドッグフードを見たら安心してしまいますよね。

 

ただ、考えてみると理解できる事もあります。

良質な原材料を使用したものであれば、それなりの価格になるはずです。

それは少なくとも1kg1000円を切るようなドッグフードではない事は容易に見当がつきます。

 

そういった安価なドッグフードほど、「●●エキス」、「●●ミール」といった表示が目立ちますが注意が必要です。
「ミートエキス」、「ミートミール」などと聞くと、さも栄養があって、ワンコが喜ぶ顔が想像されるのではないでしょうか。

しかし、実態としてレンダリングといって「人間の口に入るものとして価値を失ったもの」を粉砕しごちゃ混ぜにしたものです。

肉を食べるのとは大きなギャップがあります。
例えば鶏肉を食べる時に、クチバシから血液、糞尿、腫瘍に至るまでをごちゃ混ぜにして食べたりしないはずです。

鶏肉を使用しているのであれば、●●ミールや●●エキスではなく、ただ「チキン」、「鶏肉」と記載すればいいのです。
この点には十分注意して選ばれる事を強く推奨します。

 

ですから、「国産」という1点だけで安全なドッグフードと断定するのは危険です。
ただ、これも断言出来ます。
本当に安心安全なドッグフードが存在するのも「日本国産ドッグフード」であるのも事実です。

 

これは断言出来ます。
絶対に惑わされないで下さい!!

 

やはり真剣にドッグフード業界の問題を直視し、採算度外視で愛犬の為の良質なドッグフードを製造されているメーカーが日本に存在します。
ただ、国産ドッグフードはピンとキリのギャップが激しいんです。
ですから、良質なドッグフードは近所のスーパーや薬局には置いていません!
これは一度そういった本物のドッグフードに触れれば言葉は必要なく理解できます。

それほどにその違いは大きいのです。

 

具体的なおすすめのドッグフード情報については、以前以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

【いますぐ国産に変えなさい!】愛犬家も全員納得の「本当に安全なドッグフード」おすすめ情報

 

良質なドッグフードが一頭でも多くのワンちゃんの口に届きますように。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

愛犬のthankyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です